​レーザー脱毛について

 

​レーザー脱毛とは

レーザー脱毛について

さらに詳しく

レーザーで

毛が抜ける訳

脱毛に用いるレーザーは

黒いものに強く反応し、

熱を生じます。

その熱で

破壊することにより

毛が脱落し、

生えてこなくなります。

レーザーへの毛の反応には

個人差があります。

また、

照射時の痛み、発赤などの

副作用あります。

まずは、

一度お試しいただき

効果等を感じた上で、

納得して継続されるのが

よいと考えます。

​1064nm

他の体毛と比較して、

ヒゲは脱毛効果が

出にくい毛です。

ヒゲは毛根の深さが深く、

皮膚に対して

垂直に近い角度で

生えているからです。

黒ひげクリニックでは、

黒に反応するだけでなく、

皮膚深くまで届く

波長1064nm YAGレーザー

を使用しています

YAGレーザーを用いて

ヒゲ脱毛に

最大の効果が出るよう

​努めています。

 

​必要な回数

一回のレーザー照射で

照射部位のヒゲを

完全になくすことは

できません。

初期の状態と

目指す理想の状態

によりますが、

​目安として5-10回で

満足される方が多いです。

事前に最適な回数が

わからないからこそ、

黒ひげクリニックは

完全都度払い制。

​コース契約の勧誘なし。

​好きなタイミングで

終えることができます。

 

 

レーザー脱毛を

受けることができない方

  • 全身状態不良の場合

  • てんかん、ひきつけの既往がある場合

  • ペースメーカー、除細動器が入っている場合

  • 心疾患がある場合

  • 強い日焼けをしている場合

  • 光線過敏症、光刺激による反応が強い場合

  • ケロイド、瘢痕体質(傷跡が瘢痕になりやすい方)

  • 刺青を入れた皮膚

  • 炎症、開放創、感染がある皮膚

  • ヘルペスの活動性病変を有する皮膚

  • HIV感染、B型肝炎、C型肝炎、梅毒など感染をするおそれのある感染症

  • 悪性腫瘍がある場合

  • 金の糸が入っている皮膚

  • 金製剤を内服している場合

医師の判断により

レーザー脱毛を受けることが

できない場合がある方

  • ​ホクロや色素班がある皮膚

  • 日焼けをしている場合

  • アトピー性皮膚炎の既往がある場合

  • 白斑症の既往がある場合

  • ステロイド製剤や免疫抑制薬を使用している場合

  • 糖尿病がある場合

  • 血が止まりにくいと言われたことがある場合

  • フィラーを注入した部位

  • 薬剤やサプリメントを使用している場合

  • プレート、金属が入っている皮膚

※ご不明な点は医師にお尋ねください

レーザー脱毛を

受けることができない方

レーザー脱毛に伴う主なリスク、合併症

主なリスク・合併症

 
 

照射前、照射後の

​注意事項

照射前の

​注意事項

  • 日焼けの禁止

(2週間程度日焼けを避けてください)

  • 事前の剃毛

(朝に通常のヒゲ剃りをすればOK)

  • 毛抜きの禁止

(毛根がないと効果が得られません)

  • 皮膚の洗浄

(日焼け止め、化粧品、外用薬等は落とした状態で照射します)

  • 白毛には効果がありません

  • ミノキシジルを内服されている方は効果が出にくいことがあります

照射後の

​注意事項

  • ​発赤、膨疹、ひりつき感が出ることがあります

(通常、長くとも3日程度で治ります)

  • 当日の洗顔は可能

  • 当日は、飲酒、サウナ、プール、激しい運動を避けてください

  • 当日の入浴はシャワー浴

  • ヒゲ剃りは翌日より可能

(痛みがある場合は力を入れずにヒゲ剃りしてください)

  • 日焼けの禁止

​(2週間程度日焼けを避けてください)

  • 再び照射をする場合は3週間以上空けてください

 

​※ご不明な点は医師にお尋ねください

​主なリスクについて詳しく

 

​発赤、膨疹、ひりつき感

皮膚に赤みが出たり、腫れたり、ひりついたりします。

程度の差はありますが、ほぼ全例で生じます。

翌日には治まる場合が多いですが、3日程度でかかる場合もあります。

照射後の赤みが強い場合はお薬を処方させていただきますす。

​毛包炎

レーザー照射後に毛穴に細菌が入り炎症を起こす場合があります。

ニキビのように赤く腫れたり、膿が貯まる場合があります。

数日で自然に治癒する場合が多いですが、症状が強い場合にはお薬を処方しますのでご相談ください。

​痒み

レーザー照射により熱変性したタンパク質に対しアレルギー反応が起き、痒みが出る場合があります。痒みが続くような場合には、お薬を処方いたしますので、ご相談ください。

 

​熱傷、凍傷、瘢痕化

肌色や体質により熱傷が生じる場合があります。照射後にひりつきが改善しない場合や水ぶくれが生じた場合はご相談ください。

当院のレーザー装置には熱傷を防止するために、冷却ガス噴出機能がついております。その冷却ガスにより凍傷が生じる場合があります。

​熱傷や凍傷に伴い瘢痕が生じる場合があります。

​色素沈着

​レーザー照射後に毛包炎や熱傷等で皮膚に炎症が生じた場合、表皮のメラノサイトが活性化し、治癒後に皮膚に茶色っぽく色味(色素沈着)が残る場合があります。色素沈着の改善には長い時間がかかる場合があります。

遮光をすることで色素沈着を予防することができる場合があるので、レーザー照射後2週間程度は日焼けを避けてください。

​色素脱失

レーザー照射部位の色素が薄くなる場合(色素脱失)があります。

日焼けをした皮膚にレーザーを照射した場合や、レーザー照射後に日焼けをした場合に見られることがあるので、照射前後の日焼けには十分注意してください。

 
 

​硬毛化、増毛化

色素が乏しく、細い産毛をレーザー脱毛した場合に、レーザー照射により毛が太くなったり、増えたりする事例があります。

主に、肩や上腕などの産毛に対してレーザーを照射した場合に見られることがあります。

諸説ありますが、硬毛化・増毛化が発生するはっきりとしたメカニズムは不明です。

​内出血、紫斑

レーザー照射により皮下の毛細血管が破れ、内出血や紫斑が生じる場合があります。内出血、紫斑は、時間の経過とともに薄くなり消失します。

※ご不明な点は医師にお尋ねください

 
 

[医療機関名]

 黒ひげクリニック(美容皮膚科、自費診療)

[住所]

 愛知県名古屋市西区那古野1-14-18

 那古野ビル北館101

 名古屋駅桜通口より徒歩13分

 名古屋駅地下街ユニモールU14出口より徒歩6分

​ 地下鉄桜通線国際センター駅より徒歩5分

「診療日]

 土曜日、日曜日

[診療時間]

 10:00-18:00​

 完全予約制​、事前にご予約ください。

 予約のない日時は休診となる場合があります。

[電話番号]

​ 052-526-1288

©2020 by 黒ひげクリニック