アトピーとヒゲ脱毛


アトピーを持つ患者様は、皮膚が乾燥しやすいため、ヒゲ剃り負けやヒゲ剃り後の炎症、痒みなどが頻発する場合があります。

ヒゲ剃りをすることで肌荒れが進むので、いっそのことヒゲ脱毛してしまいたいというご相談がよくあります。


しかし、基本的な前提として、アトピーをお持ちの方にレーザー脱毛をするのはリスクが高いです。

ヒゲの有毛部にアトピー症状がある場合は、通常よりも合併症のリスクが上がります。炎症が増悪し、細菌感染が起きることが予想されます。アトピーによる乾燥は熱傷のリスクを高めます。

顔にアトピーの症状がない場合でも、肘裏などの身体にアトピー症状が出ている場合は、照射により顔にもアトピー の症状が出る場合があります。


軽症以外の場合、アトピーを持つ患者様には基本的にはヒゲ脱毛はお勧めしません。特に広範囲の照射はリスクが高いです。もしレーザー脱毛を強く希望される場合、一度に照射する範囲を少なくすること、アトピーの症状が出ていない部位を中心に照射していくなどの工夫が重要かと思います。


#レーザー脱毛 #アトピー

143回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヒゲを生やしたい部位

今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。 2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。 つまり、将来はヒゲを