ヒゲが似合う肌


一般的に、肌が白くてヒゲの毛色が黒い場合は、ヒゲがあまり似合わないとされます。

(もちろん、個人の主観の問題ですが。)

白い肌に対して、ヒゲの黒色が強すぎるのです。

特に、ヒゲの生えている範囲が広いと、少し汚らしい印象を持たれる場合もあるようです。いわゆる、青ヒゲと呼ばれる状態です。


一方、肌が黒い場合、ヒゲはそれほど目立ちません。

ヒゲがよいアクセントとなり、美的に見える場合があります。


また、肌が白くても、ヒゲが白色や茶色の場合も、

ヒゲと肌が調和して、好印象の場合があります。


ヒゲのレーザー脱毛は、ヒゲの黒色と肌の色の差を利用してヒゲだけを熱で破壊します。

つまり、都合のよいことに、白い肌に黒いヒゲを持つ人に向いている方法なのです。


肌が黒い場合は、毛だけでなく、黒い肌を焼いてしまうのでレーザー脱毛には向きません。

ヒゲが白い場合、レーザー光が白色の毛に反応しないので、レーザー脱毛の効果がありません。


青ヒゲで悩まれている方は、レーザー脱毛のよい適応なのです。


#ヒゲ脱毛 #ヒゲが似合う

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヒゲを生やしたい部位

今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。 2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。 つまり、将来はヒゲを