ヒゲを生やしたい部位


今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。

2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。

つまり、将来はヒゲを生やすかもしれないという意味ですね。


ヒゲがないと外見が実年齢より低く見えることがあるので、歳をとってヒゲがないと貫禄がないように見える場合もあります。


そんな時にヒゲ脱毛をしてヒゲが生えないようになっていたら困るかもしれません。


そんな方には、ヒゲの部分的な脱毛がお勧めです。

鼻下や顎のヒゲはオシャレなヒゲとして活躍する機会があるかもしれません。

一方、頬や首のヒゲは剃りにくいだけではなく、オシャレなヒゲとして活用するのが難しい部位でもあります。


頬や首にヒゲが生えるか否かは、個人差が大きいです。

頬や首に全くヒゲが生えず、生まれつき美しいオシャレなヒゲをお持ちの場合もあれば、

頬や首にヒゲが目立ち、ただ一様にヒゲを伸ばすだけではオシャレになるのが難しい場合もあります。


もし、将来ヒゲを生やすかもしれないとお考えの方で、頬や首にヒゲが目立つ方は、頬や首などの部位だけ脱毛をしてみてもよいかもしれません。

黒ひげクリニックでは照射数に応じた料金制度です。ヒゲが不要な部位にだけ、レーザー脱毛するのもお勧めです。


#ヒゲ脱毛 #必要なヒゲ #Offical髭男dism


37回の閲覧

最新記事

すべて表示