ヒゲ剃りしにくい部位


電気シェーバーでヒゲを剃る際に、

皮膚を引っ張って剃ると、ヒゲが剃りやすいという経験ありませんか?

何故でしょうか?

実は、皮膚を引っ張ることにより寝ているヒゲが起き上がり、剃りやすくなるのです。


特に、頬、顎下、首などのヒゲについては、ヒゲの生えている角度が浅い(ヒゲが立っているのではなく寝ている)ので、順剃りでは剃りにくくいです。

顎のヒゲも少し伸ばした状態でよく見ると、まっすぐ垂直に生えているわけではなく、少し斜めに生えていることがわかります。

実は、ヒトの全ての毛は皮膚表面に対して垂直には生えず、斜めに生えているのです。頭髪の毛も斜めに生えており、その方向がツムジでよく確認できる場合があります。


皮膚と平行に近い角度で生えている毛は剃りにくいことが多いです。

しかし、レーザー脱毛においては、皮膚と平行に近い角度で毛が生えていることは好都合なのです。

毛が皮膚と平行に近い角度では生えていれば、皮膚表面と毛根までの距離が短く、レーザー照射によりエネルギーが伝わりやすくなるからです。


そのため、ヒゲのレーザー脱毛においては、頬、顎下、首の毛は脱毛効果が出やすいです。

頬、顎下、首のヒゲはシェービングしにくい部位でもあるので、

シェービングに苦労される方はレーザー脱毛をお勧めします。


黒ひげクリニックは照射発数に応じた料金設定ですので、

首や顎下だけ脱毛したいという方にもピッタリです。

#ヒゲ剃りしにくい #レーザー脱毛

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヒゲを生やしたい部位

今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。 2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。 つまり、将来はヒゲを