レーザー脱毛のターゲット


レーザー脱毛の照射ターゲットは毛のどこでしょうか?

レーザー脱毛の目標は毛が生えてこないようにすることです。

毛抜きで毛を抜いても、しばらくすると再び毛が生えてくるのは何故でしょうか?

それは、毛に分化する細胞(幹細胞)がまだ生きているからです。

毛抜きで毛を抜いて一度毛がなくなっても、

毛に分化する細胞(幹細胞)が生きているので、再び毛が生えるのです。


では、幹細胞はどこにいるのでしょうか?

毛の外側になる組織である外毛根鞘の膨大部(バルジ領域)という部位にいるらしいということがわかっています。

では、そこを破壊すれば毛が生えなくなりそうです。


問題はどうやって破壊するかということです。

他の組織を破壊せずにバルジ領域だけをレーザーで破壊するためには、

バルジ領域が周囲と違う色である必要があります。

(レーザーは特定の色に反応し熱を放出します。)

しかし、バルジ領域に特別な色はついていません。

従って、バルジ領域だけにレーザーで熱を与えることはできないのです。


それではどのようにしてバルジ領域にダメージを与えるのでしょうか?

レーザー脱毛ではバルジ領域の近くにある黒い毛に反応して熱が生じます。

黒い毛に発生したその熱がバルジ領域に伝わり、ダメージを与えます。

この仕組みは蓄熱式レーザーであっても熱破壊式レーザーであっても変わりません。

蓄熱式レーザーはターゲットをバルジ領域としていることが多いのですが、

実は、バルジ領域に直接的に熱を与えているわけではないのです。


熱破壊式レーザーは、一発ごとの照射パワーが強く、バルジ領域だけでなく毛乳頭(毛根の下の端)にもエネルギーが届くような設定でレーザーを照射します。毛乳頭を破壊すると、その毛そのものが破壊されますので、しばらくすると毛が抜け落ちるという現象が起きます。

蓄熱式レーザーはバルジ領域をメインのターゲットにしています。一発ごとの照射パワーが低く、毛乳頭には十分なエネルギーが届かない場合が多いです。すると、照射後にしばらくしても毛が抜け落ちない場合があります(特にヒゲの場合)。

#レーザー脱毛 #バルジ

12回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヒゲを生やしたい部位

今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。 2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。 つまり、将来はヒゲを