日焼けとレーザー脱毛

 レーザー脱毛で最も気をつけていただきたいのは日焼けです。脱毛用のレーザーは黒いものに反応します。肌が黒い場合は、毛だけでなく皮膚そのものを焼いてしまうことになります。痛みが増すだけでなく、熱傷のリスクが上がり危険です。レーザー脱毛をお考えの方はできるだけ日焼けを避けていただくようお願いします。日焼けが強い場合は、医師の判断により照射できない場合があります。

 また、レーザーのエネルギーが皮膚を焼くことに使われてしまうため、毛根に届くエネルギー量が少なくなり、脱毛の効果自体も下がると思います。安全に効果的な脱毛を目指すためには、是非とも日焼けに気をつけていただくようにお願いいたします。


 肌が黒くならない方の日焼けもは要注意です。黒い日焼けだけでなく、赤い日焼けもレーザー照射はNGです。赤い日焼けはすでに炎症状態ですので、そこにレーザーを当てることは炎症を悪化させる場合があります。


 また、照射前だけでなく、照射後の日焼けにも気をつけてください。体質にもよりますが、照射後の日焼けによって、レーザー照射部位に色素沈着や色素脱失が生じる場合があります。照射後2週間程度は日焼け止めをしっかり使用していただくようにお願いします。


 レーザー脱毛をしない場合においても、日焼けはシミやソバカスといった色調変化、たるみなどの光老化、また、皮膚癌の原因となることがあります。日焼けによるメリットは勿論あるのですが、日焼けにはデメリットもあることがわかっています。


#レーザー脱毛 #日焼け

22回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヒゲを生やしたい部位

今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。 2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。 つまり、将来はヒゲを