蓄熱式と熱破壊式

レーザー脱毛に使われる医療レーザーには蓄熱式と熱破壊式があります。


蓄熱式レーザー:

皮膚にジェルを塗布して、ジェルの上で照射口を滑らすように移動させます。滑らせている間に、1秒間に何発ものレーザーが発射されます。皮膚のダメージが大きくならないように、1発ごとのレーザーの出力は弱く設定されます。短時間に何発ものレーザーが発射されることで、徐々に熱が蓄積されます。その熱で毛にダメージを与えます。脚などの広範囲の照射を短い時間で行うことができます。熱破壊式レーザーよりも新しいタイプのレーザーです。


熱破壊式レーザー:

従来からあるレーザーです。皮膚に向かって1発ずつ照射します。1発の照射で毛に十分なダメージを与えることができます。蓄熱式のようなレーザーの連射ができないため、広範囲の施術を短時間で行うには不向きです。また、蓄熱式と比べ、1発ずつの照射エネルギーが大きいので、痛みが強くなります。


蓄熱式レーザーが開発されたのは、熱破壊式レーザーの脱毛効果が低かったからではないと考えています。熱破壊式でも十分な脱毛効果があることは当時から確認されていました。ただ、熱破壊式レーザーは、広範囲の照射に長い時間がかかること、痛みが強いことから、蓄熱式レーザーの開発がなされたのだと考えられます。


蓄熱式レーザーは痛みが少なくなり、照射時間が短縮されました。脚などの脱毛では大きな恩恵が生まれました。ただ、1発ごとのレーザーの出力を弱めているせいか、脱毛効果がでにくい部位(ヒゲなど)の照射では、脱毛効果が不十分である症例が見受けられるようになりました。


蓄熱式と熱破壊式はどちらが優れているというものではなく、一長一短があります。部位に応じて使い分けるのが良いと個人的には考えています。当院ではヒゲの特徴を考慮し、蓄熱式レーザーではなく、熱破壊式レーザーであるYAGレーザー(シネロン・キャンデラ社製、薬機法による承認取得済)を導入しています。


#レーザー脱毛 #蓄熱式 #熱破壊式

626回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヒゲを生やしたい部位

今、ヒゲの必要性を感じていないけれど、将来ヒゲがを生やしたくなるかもしれない、そう思われる方もいると思います。 2019年の紅白歌合戦に出場した「Official髭男dism」さんは、現在ヒゲは剃毛した上で音楽活動をされているようですが、バンド名には「髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意味も込められているそうです。 つまり、将来はヒゲを